【顔画像】篠塚孝哉のwiki風プロフィール(資産)や評判、奥さん(嫁)や子供について

ニュース
[ad01]

イケメンで実力があり、元AKB48の篠田麻里子さんの不倫相手の篠塚孝哉さん。「令和トラベル」の創業者であり、一体どういった人物なのでしょうか。この記事では篠塚さんのwiki風プロフィールや経歴、学歴や年齢、身長、評判。そして家族構成(妻や嫁、奥さん)お子さんについてご紹介します。また資産や年収についてもご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
429 Too Many Requests

【顔画像】篠塚孝哉のwiki風プロフィール(年齢)や経歴、学歴評判について

実力があるイケメン経営者の篠塚さん。篠塚さんは一体何者なのか?知らない方向けに篠塚さんのwiki風プロフィールをご紹介します。

  • 名前:篠塚 孝哉(しのづか たかや)
  • 生年月日:1984年2月28日
  • 職業:実業家兼投資家(株式会社令和トラベル代表取締役社長)
  • 最終学歴:Washington State University留学
  • 出身大学:東洋大学経済学部経済学科(偏差値60~67)
  • 出身地:千葉県

株式会社Loco Partnersを設立し、宿泊予約サイトReluxを立ち上げ、地域活性化を計り、その実力が認められ、KDDIが株式会社Loco Partnersの株を過半数購入し、実質上売却し2020年3月31日付けで退任。2020年には地域の飲食に特化したサイトEコマースサービス「TASTE LOCAL」を立ち上げ運営中。コロナ禍で危機に陥っている宿泊施設や飲食店をバックアップ中。

2021年4月には株式会社令和トラベルを創業し、22.5億円の資金調達に成功した凄腕の社長でス。そんな篠塚社長はホリエモンさんとコラボされたことがある実力ある社長の一人です。

また自身で「シノ社長の経営塾」チャンネルを開設されており、チャンネルは2020年3月頃に立ち上げ、KDDIに株を売却した後にチャンネルを開設されています。このチャンネルでは主に経営や起業に関する動画をアップされており、たまに仕事をする場所に関する内容が語られています。

そんな篠塚さんの学歴は東洋大学経済学部経済学科(偏差値60~67)で、ワシントン州立大学にも留学されており、学歴や経歴はかなり優秀だと言えます。篠塚さんの詳しい経歴は以下の通りです。

  • 大学卒業後
  • 留学
  • 2007年:リクルートに入社
  • 2011年:リクルート退社
  • 2011年:株式会社Loco Partners設立
  • 2013年:宿泊予約サイトReluxを立ち上げ
  • 2020年:KDDIに株式を過半数売却し、連結子会社化
  • 2020年:TASTE LOCALを設立
  • 2021年:株式会社令和トラベルを設立
  • 2022年:篠田麻里子との不倫報道

上記経歴を見る限りかなり優秀であることがわかります。気になるのはKDDIに株式会社Loco Partnersを実質上売却してからはあまりうまく行っていないような気がします。さらに篠田麻里子さんとの不倫が報じられました。基本的に不倫をしてしまう男性の心理として「現実逃避」「寂しい気持ち」「認められたい」ということで、篠田麻里子さんを思っての行動ではなさそうです。

出身大学:東洋大学経済学部経済学科

  • 住所:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20

出身大学や留学先については色々とわかっていますが、大学に入学する前の高校であったり、中学校などについてはわかっていません。ただ出身地が千葉県なので、千葉県の地元の高校に通ったのではないでしょうか。

篠塚孝哉の家族構成!奥さん(嫁)や子供について

そんな篠塚孝哉さんの家族構成についてですが、若い頃から会社を設立したりして、責任が重い立場を経験してきた篠塚さんの家族構成は妻(嫁・奥さん)が一人とお子さんが2人いらっしゃいます。

家族や親族や起業家仲間、先輩に後輩。
>家族、妻と娘と息子と親族みんな
平日はまったく家に帰らず、ずっと留守にしているのに何も文句も言わずに支援してくれた家族。家では仕事の話は全くしないけれど、そのおかげで毎週フレッシュな気持ちになり仕事にも集中できました。笑

引用元:note

コチラは2020年3月24日に公開された篠塚さん自身の思いや過去を綴ったnoteです。本文を見る限り妻(奥さん)がいて娘と息子がいることがわかります。「娘と息子」と表記されていることから娘さんが先に生まれ、息子さんがのちに生まれた可能性が高そうです。

もちろん奥さんや子供に関しては一般人ですので、名前や顔画像についてはわかりません。おそらく今後も公開されることはまずないでしょう。

篠塚孝哉の資産や年収、収入について

そんな篠塚さんの資産についてご紹介しています。まず篠塚さんの資産は10億円以上はあるかと思います。

というのも10億円程度なら自身のポケットマネーから捻出できる金額のようで、創業から3ヶ月という期間で22億円というお金の資金調達を調達された際のインタビューに以下のように回答しておりました。

―創業からわずか3ヶ月で22億円超という、ものすごい調達額についてどのように捉えられていますか?

まず、投資家の皆さまがそういう意思決定をしてくださったことがすごいと思っています。僕自身としては、高級ホテル・旅館の予約サービス「Relux」の運営会社を起業・売却したあとの、2度目の起業です。なので、最初から10億円前後の調達では意味がないと思っていました。そのくらいの額なら自分の資産から拠出してできてしまいますから。もっと大きな額を調達して背水の陣で戦わないと、もう一度スタートアップをやる意味がない。だからこそ、最初から20億円前後を目標に資金調達を始めました。

引用元:digital-shift.jp

ちなみにこの記事はちょうど1年ほど前の記事になりますので、今現在令和トラベルという会社も運営されていますので、大体10億円から20億円近くの資産を保有しているのでは?と思っています。資産はかなり持っていることがわかりました。では年収はいくらぐらいになるのでしょうか。

もちろん篠塚さんの年収については公開されていません。日本のベンチャー企業の社長の平均年収は1,500~2,000万円と言われており、もちろん全ての人が当てはまるワケではありませんが、22億円以上の資金調達をされていることから大体3,000万円~4,000万円ぐらいの年収はあるかと思います。

もしかしたら会社の株式を売却をすることを目的と考えているのであれば、売却した際に大きな収入を得ることを目的に役員報酬などは0円に設定している可能性も考えられます。なので年収の場合は0円の可能性もあります。最近の日本のベンチャー企業は役員報酬を0円近くにして、会社の株を保有しており、株を売却した際に大金を手に入れるスキームが流行っています。

役員報酬をたくさん取ってしまうと、所得税が40%近くかかってしまいますが、保有している株を全て売却した際に得られる金額の税金は株式税の20%で済むわけですから、株を売る方が圧倒的に税金を安く済ませることができます。

ここまでお読み頂きありがとうございました。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました